事故を起こす可能性が高くなる?

レンタカーで運転する場合、自分で所有する車で運転するよりも事故を起こす可能性が高くなると言われております。その理由は簡単です。それは不慣れな車で運転することになるからです。
車は基本的には運転するための方法は同じです。でも車によってクセがあったり、走行している感覚が全く違ったりします。だから、いつもの感覚で運転していたが、思ったより速度が出てしまっていた、車間距離を詰めてしまったなどのことにつながり、結果的に事故につながってしまいます。
だから、レンタカーを借りる時にはいつもより慎重に運転をする必要があります。もちろん、長年運転をしているベテランドライバーであれば心配はいらないでしょう。とはいえ、どんなベテランでも思いもよらず事故を起こしてしまう可能性はあります。事故を予防するためには、軽く走ってみて、どんな感覚なのか慣れておくとよいでしょう。
ただ、レンタカーを借りる人はそれを分かっているのか、慎重に運転されることが多いようです。つまり、油断さえしなければ、事故を起こす可能性が高くなることはないのです。

地方ではレンタカーは非経済的

レンタカーを利用する理由として、車を所有するよりも経済的だからという意見があります。車を持つためにはまず購入しなければなりません。そして駐車場代、ガソリン代、洗車にかかる費用、メンテナンス、車検、そして固定資産税など、多くの費用がかかります。だから、必要な時だけ借りられて、ランニングコストのかからないレンタカーは、非常に経済的です。
でも、それはあくまで一部の地域での話です。例えば、人口が少ない地方ではそういったことはありません。まず、レンタカー屋がなければ借りられません。もちろん人が少ないところで出店する企業はほとんどいません。そして、移動距離が長くなることがあり、借りると長時間のレンタルになります。つまり、費用が必要以上にかかってしまうのです。
また地方では、交通手段が限られます。電車や地下鉄もなかったり、バスも本数が少ないです。やはり自家用車がないと、交通の便が限りなく不便になってしまうのです。
やはり、レンタカーは地方の人にとっては、非経済的なものになってしまいます。

必要以上に気を遣う

レンタカーは、お店から車を借りることになります。人から借りるものですので、利用する時に、やはり必要以上に気を遣うことになります。
もちろん、自分が所有している車であっても、キズを付けないようにだったり、車内を綺麗にしておこうと考えると思います。でも、もし何か起きても責任を負うのは自分なので、ある意味割り切って使えます。でも、レンタカーは、もしキズをつけてしまうと別途料金が取られてしまいます。だから、乗車する時には、必要以上に神経を使うのです。車の運転はただでさえ疲れるのに、それを助長することになるのです。
また、時間も気にしなければなりません。例えば、旅行で利用する場合、スケジュールを組んで移動することになると思います。でも、世の中予定通りに行くとは限りません。見たいスポットが増えて時間が押してしまったり、トラブルが起きて帰るのが遅くなることもあります。そんな時に、延長料金を気にして焦って帰らなければならなくなります。せっかく休みの日にのんびりと旅行したいのに、時間に気を遣っては元も子もありません。その辺もレンタカーを借りる上でデメリットです。

レンタカーは手間がかかる

気軽に借りられて、料金も安い、そんなレンタカーのサービスですが、意外と手間がかかってしまうのがネックです。やはり自宅の駐車場に車がある場合に比べて、少し面倒なことが多いです。
まず、お店に行かないと車を借りられません。もちろん店舗に行ったからといって、すぐに車に乗れるわけではありません。まずは車の空きがあるか確認、その後に手続きのために書類にサインをし、ようやく車で出発できます。お店に

行く時間と、そこで待つ時間、手続きのための時間を考えると、やはり時間がかかります。
そして、観光シーズンであったり休みだと、レンタカーは予約でいっぱいになります。借りるために、いくつかの店舗を回らなければならないこともあるのです。
そして、返す時も手間です。利用時間内に店舗に到着するように時間を気にしながら利用しなければなりません。もちろん予定時間を過ぎたら延長料金がかかります。そして返し終わったら、自宅まで車無しで帰るのです。
やはり、自家用車がある場合に比べると、レンタカーは少し手間と時間がかかってしまいますね。