地方ではレンタカーは非経済的


レンタカーを利用する理由として、車を所有するよりも経済的だからという意見があります。車を持つためにはまず購入しなければなりません。そして駐車場代、ガソリン代、洗車にかかる費用、メンテナンス、車検、そして固定資産税など、多くの費用がかかります。だから、必要な時だけ借りられて、ランニングコストのかからないレンタカーは、非常に経済的です。
でも、それはあくまで一部の地域での話です。例えば、人口が少ない地方ではそういったことはありません。まず、レンタカー屋がなければ借りられません。もちろん人が少ないところで出店する企業はほとんどいません。そして、移動距離が長くなることがあり、借りると長時間のレンタルになります。つまり、費用が必要以上にかかってしまうのです。
また地方では、交通手段が限られます。電車や地下鉄もなかったり、バスも本数が少ないです。やはり自家用車がないと、交通の便が限りなく不便になってしまうのです。
やはり、レンタカーは地方の人にとっては、非経済的なものになってしまいます。