ガソリン代の負担が大きい


レンタカーは、借りる時はガソリンは満タンになっております。でも途中でガソリンが切れてしまった場合、自分で補給する必要があります。もちろんその費用は自分持ちです。そして返却する時には、ガソリンを満タンにして返さなければならないというルールがあります。つまり、レンタル料と合わせて、ガソリン代も負担することを想定しておきましょう。
そして、このガソリン代が以外と負担の大きいものになります。今はそうではありませんが、数年前はガソリンが高騰して、人々は1円でも安いガソリンスタンドを求めたものです。日本はガソリンを輸入に頼っているので、世界情勢が変われば一気に価格は不安定となります。そうなれば、レンタカーを利用する場合のガソリン代の負担はより大きくなってしまいます。
自分が利用した分だけガソリンを入れることになるので、自分で所持している車を利用することに比べて損をするわけではありません。ただ、頻繁に利用するのであれば、レンタカー料金と合わせてお金がかかります。そうなれば、中古車でもよいので、自分で購入する方がよいでしょう。